« もうひとつの空 | トップページ | 今この瞬間に »

2010年1月11日 (月)

ベルーガ

サマーセット島にはカニングハム入り江という、氷が溶け出すとたくさんのベルーガたちが集まる場所がありました。
P1010188

ベルーガたちがなぜこの入り江に集まってくるかというと、、、暖かい入り江の浅瀬で脱皮するためだったんです。

P1010193

こんな風にコシコシコシ(´△`)横になったり腹ばいしてみたり。

シロイルカと呼ばれるベルーガ、実は生まれたときは灰色の肌をしています。
白いお母さんと一緒にちょっと灰色の子供ちゃんたちが一緒に川の水が一気に流れ込むこの入り江にやってきて、キューキューと会話をしながら順番にやってくるのです。

P1010176

海のカナリアとも呼ばれる彼らの声を入り江にマイクを投げて聞いてみました。
本当に会話をしているかのようにいろんな音を奏でます。

なぜかある家族がやってくるとある家族は去っていき、その場所をゆずります。その家族の数はだいたい1家族あたり5~6頭。

このカニングハム入り江の浅瀬をあとで探ってみると、、、ベルーガの皮を発見(lll゚Д゚)

P1010190

ぷるぷるのコラーゲン?シリコン?のようなベルーガの皮。
今でもその感触が忘れられません。


ツアーの詳細が発表になりました!!

http://shogai-kando.com/10lineup/ism10arctic/index.html

|

« もうひとつの空 | トップページ | 今この瞬間に »

サマーセット島」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベルーガ:

« もうひとつの空 | トップページ | 今この瞬間に »